グラニュー糖(ぐらにゅーとう)
結晶が上白糖よりも大きく、サラサラとしたクセのない甘さを持つ。コーヒー、紅茶に最適で菓子用や料理用にも広く使われる。


上白糖(じょうはくとう)
結晶が細かく、しっとりとソフトな風味を持つ。しっとり感を出すためビスコ(糖液)
をかけている。何にでも合い、国内で使用されている砂糖の約半分を占める。


三温糖(さんおんとう)
糖液を煮詰めることで茶褐色となっている。特有の風味を持ち甘さも強く煮物、佃煮などに適している。


粉砂糖(こなざとう)
グラニュー糖などの純度の高い砂糖を細かくすりつぶしたもの。果物にかけたりケーキやクッキーのアイシング、洋菓子のデコレーションに使う。



黒糖(こくとう)・黒砂糖(くろざとう)
さとうきびの搾り汁をそのまま煮詰めたもの。濃厚な甘さと強い風味があり、沖縄県や鹿児島県の南西諸島で作られている。


加工黒糖(かこうこくとう)

粗糖や糖みつ等に黒糖(黒砂糖)を加えて加工したもの。黒糖(黒砂糖)の含有量は製品の5%以上とされている。


 

赤糖(あかとう)

粗糖や糖みつ等を主原料に製造された砂糖。